◆◇◆ 掲載の記事、写真などの無断複写、転載等はご遠慮ください。 ◆◇◆ 問い合わせはこちら→事務局連絡先のメールアドレスまで



2010年11月30日火曜日

本日11/30 ウェルナー・ヒンク(Vn)&遠山慶子(Pf)最終公演!

本日11/30午後7時から、つくば市ノバホールにて、
ウェルナー・ヒンク(Vn)&遠山慶子(Pf) モーツァルト ヴァイオリンソナタ全曲演奏会(昨年からの全4回シリーズ)の最終公演が開催されます。
多くの皆様のご来場をお待ちいたしております!

なお今日は、おなじみの本会主催500円交流パーティーは行いませんので、ご了承くださいませ。

2010年11月24日水曜日

11/18 ウィーン弦楽四重奏団 ~Vol.2~




お待たせしました。写真と動画が届きましたので、追加しました。


















video


video


video


video

2010年11月19日金曜日

11/18ウィーン弦楽四重奏団 ―主催:120%楽しむ会―

つくばの音楽祭にプロデューサーの井阪さんよりプレゼントされた、ウィーン弦楽四重奏団の演奏会。コーヒーまで自ら仕入れて下さり、皆さんにご提供できることになりました。

すると、偶然にも今日はボージョレーヌーボーの解禁日ではないですか!これは便乗するしかない!と特別にパーティーに用意しました。皆さんによい状態でご提供するには、ワインクーラーや氷を買いに走ったダブルつっちーさんの涙ぐましい努力がありました。




お客様、入場の様子。今日はプロ?!のカメラマンがお手伝いに来てくださって、いつもと視点が違う写真があります。屋外のイルミネーションもきれいですね。

120%楽しむ会自主公演なので、演奏前に会長のごあいさつ。盛り上がるようにおまじないをかけてます。みなさん、洗脳されたみたい!





ヒンクさんがウィーンフィルを退職されて、以前より少し時間の余裕ができ、この四重奏団にかけるお時間が増えたそうです。まさに円熟期!今日の演奏会は、プログラムも1回の演奏会では聴けるような組み合わせではなく、演奏者の方たちにもお客様たちも、ホールもみんなおなじみ。色んな要因が重なって、さらにさらにすばらしい演奏でした。写真では、その余韻しかお見せできなく、残念です。




パーティーの呼び込みは副会長。低く澄んだ声がホワイエに響きます。

将来は、第9の合唱がやりたいそうですよ。


写真左上の人だかりはCDやさんです。

アンコール中。撮っちゃったよ。



興奮冷めやらぬまま、皆様お帰り。


サイン会




まだ終わりません。これから交流パーティー!

右端のレディはお隣にいるチェロのドレシャルさんの奥様。

なんと!下館(現筑西市)にご縁のある方。筑波山はよく行ったわ、とのこと。


右から二人目の奥様は、つくば国際音楽祭の父の奥様。水戸から駆けつけてくれました。

副会長が質問するも、ウィーン流「オヤジギャグ」炸裂で、うまく逃げられました。


お土産は、「霧筑波、TXボトル」みなさん日本酒も大好き!



恒例、記念撮影。







2010年11月11日木曜日

11/10ウェルナー・ヒンク&遠山慶子~モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ演奏会Vol.3

すっかりつくばではおなじみの、ウェルナー・ヒンクさん、遠山慶子さんシリーズのデュオが始まりました。






ここのコーヒーは、○×コーヒーより、ずっと美味しいよね、と囁いてくれてますよね、井阪さん。





また今年も聴きに来てくれたの?お顔なじみのお客様とお会いになって、うれしそうなヒンクさん。






遠山慶子さんにも、たくさんのお弟子さんたちが応援に駆けつけてますよ!





パーティーには、日本酒をリクエストされたヒンクさん。













また同じポーズで撮っちゃうわよ!と、前会長夫人。










つくばのベーゼンドルファーは日本のホールにあるベーゼンドルファーの中では、かなりいい方、と井阪さん。でもちょっと疲れてきたわ、メンテナンスしてと弾いてると訴えかけてくるの、だから面倒みてあげて!と遠山さん。









ヒンクさんのお弟子さんの、当会会員。今日最初に演奏された曲は、ウィーン時代の卒業試験の曲だったそうです。先生の演奏を聴いていたら、涙がでてきました、と。するとヒンク先生は、フィンガリングも、ボウイングも君に教えた通りだったろ・・・、とおっしゃっていました。













お帰りになられる遠山さんを無理やりお引き留めして、急きょ整列、記念撮影。でも結構いい!!




追伸:ヴァイオリンの巨匠、その黄金の左手には携帯が・・・。






2010年11月4日木曜日

つくば国際音楽祭11月の3公演のご紹介

2010年11月のつくば国際音楽祭は、ウィーンフィルの元コンサートマスター、ウェルナー・ヒンクさんの登場です!
11/10(水)、11/30(火) 遠山慶子さんのピアノとともに、昨年に引き続き、モーツァルトのヴァイオリンソナタ全曲演奏会Vol.3, Vol.4が開催されます。
お二人のCDは毎日芸術賞を授賞しています。
王子ホールでのチケットを入手できなかった方も、つくばエクスプレスで秋葉原駅から快速45分、徒歩3分のつくば市ノバホールで演奏を満喫できます。

11/18(木)はヒンクさん率いるウィーン弦楽四重奏の登場です!
つくば国際音楽祭を120%楽しむ会が自主公演でお招きいたします。
モーツァルト「狩」、ハイドン「皇帝」、シューベルト「死と乙女」という人気の曲が
浜離宮朝日ホールでの公演よりも早く、演奏をお楽しみいただけます。

秋模様の筑波山近くのつくば市ノバホールで、秋のコンサートをお楽しみください。
皆様のご来場をお待ちいたしております。
詳細な内容はこちら→第26回つくば国際音楽祭のプログラム